コラム

不動産広告について

 

こんにちは。三和住販株式会社です。
不動産の情報を仕入れる際、皆さんは何をご覧になっているでしょうか。現在であれば不動産ポータルサイトやそれぞれのホームページを閲覧することが多くなっていると思います。情報化社会の発展により不動産屋さんに直接行くことが無くてもある程度の情報は収集できるようになってきました。
今回は、広告の見方やその他広告の種類について書いていきます。


不動産広告の種類について


不動産広告は「インターネット広告」「新聞折り込み」「不動産情報誌」「ポスティングチラシ」があります。

自社HPに物件情報を掲載したり、「suumo」や「athome」などのポータルサイトを活用するインターネット広告が主流になってきていると思います。インターネット広告であれば、物件の写真を多く掲載できたり、その物件の特徴を詳しく掲載することが出来ます。
また、インターネット広告であれば様々なエリアで物件を探している方に対しても情報発信をする事が出来ます。

インターネット広告は多くの方に無料で閲覧して頂くことが可能なので人気があるエリアの物件情報は閲覧数が増えます。そのため、場合によっては購入をご検討頂いている方が重なってしまう事が多くあります。

 

新聞折り込みは、物件を販売しているエリアだけに宣伝することが出来るので、エリアを絞って物件を探している方への宣伝に向いています。また、様々な不動産業者が広告枠を買って宣伝を行っているので多くの情報が掲載されている場合もあります。

以前に比べ新聞を購読していない世帯が多くなってきていることや電子版で新聞を購読している場合が多いため効果が薄くなってきてしまいました。

 

不動産情報誌は有料で販売している情報誌と駅やコンビニにて無料配布している情報誌があります。
通勤の途中や買い物の途中に取得することが出来ますので気軽に手に入れることが出来ると思います。こちらもエリアごとに掲載内容が変わっているので探しているエリアがある程度決まっている方は物件が探しやすいかと思います。
また、物件の情報以外にも税金のことやその他不動産に関わる記事が一緒になっていることが多いです。インターネットで検索をすればわかる内容もあるかもしれませんが、そもそも検索するキーワードが浮かばない場合があると思います。不動産情報誌である程度の知識を備えておけば検索をする際にも情報を厳選することが出来るのでそのような部分に関しても便利だと思います。

 

ポスティングチラシについては、決められたエリア内のお宅のポストへチラシを直接投函する手法です。
この配布については業者さんへお頼みすることもありますが、不動産営業部の営業担当が直接ポスティングを行う事もあります。
ポスティングチラシは新聞折り込みよりも配布を行っている不動産業者の情報だけが掲載されていることが多いので、見落としていたような物件情報やまだ他の媒体に掲載していないような情報が掲載されていることがあります。


不動産広告の見方


不動産広告には様々な種類がある事は先ほど書きましたが、確認する内容についてはどの媒体でもあまり変わりはありません。

基本的に物件の住所は掲載しないことが多いです。土地の場合はまだ住居表示がまだ取得できないため掲載したとしても「地番」しか掲載が出来ません。地番と住所は違うのでカーナビで入力をしたとしても現地まではいけません。
新築建売物件や中古物件では住所を取得していることもありますが、明記していないことが多いので内見や物件の場所を知りたい場合は掲載している不動産会社に確認をする必要があります。

 

不動産を探す際には、住みたい地域を最初に選択しその後、値段をベースに様々な物件を検討していくと思います。
その中で、希望の物件を探せたらまず「取引形態」を見るといいと思います。取引形態には「仲介」か「売主」と明記されており、取引形態が仲介だった場合は、その広告は売主が不動産会社に販売を依頼して掲載をしてもらってます。仲介の場合は物件を購入する際に仲介手数料が別途掛かります。取引形態が売主の場合は仲介手数料は掛かりません。

 

広告媒体の中には、全面道路幅や間口についても記載しているものもあります。道路幅があまりにも狭い場所は建築をする際にセットバック(例えば道路幅が3.8mにの場合、道路幅が4mになるように自身の土地を道路として提供する必要があります。これをセットバックと呼びます。)をしなければなりません。そうなった場合、購入するための土地の面積が少し減ってしまいます。
また、生活インフラ(上下水道、ガス、電気)についても記載があります。ガスが都市ガスかプロパンガスかによって月々の生活費に大きな差が出てきます。また、上下水の引き込みが無い場合は配管の引き込みに費用が掛かったり、井戸の掘削や浄化槽の設置に費用が掛かる可能性もありますので注意が必要です。


最後に


不動産広告は以前に比べると格段に情報量が増えてきています。新築住宅や中古住宅であれば外観や内観の写真が豊富に掲載されていたり間取り図が掲載されていることがほとんどです。ですが、写真で見る場合と実際見る場合だと家の雰囲気や広さや明るさ、その物件の周辺環境などは完全に伝わってきませんのである程度物件を調べたら実際に見に行くことをおすすめいたします。

2020.05.14