コラム

注文住宅を購入するまでのプロセス①

 

こんにちは。三和住販株式会社です。

本日は、注文住宅を購入するまでの大まかな流れを書いていきます。

何かの参考になればと思います。

 


土地探し編


ご自身の自宅を建てるのに欠かせないのが土地探しです。
いくら理想の家の形があなたの中で固まっていても土地がないことには話が進みません。
では、その家を建てるのに必要であり、あなたにとって理想の土地とはどのような土地でしょうか?
試しに何点か私の希望条件を挙げてみましょう。

 

・土地面積が広い
・駅が近い
・周りに新しい家が沢山あったほうがいい
・近くに商業施設が多いほうがいい
・小学校・中学校が近い
・実家が近い
・今住んでいる場所に近いほうがいい
・値段が安い

 

では、上記の希望条件が全て当てはまる土地はあるのでしょうか。

結論から申し上げますと100%希望の土地を探すのは非常に困難です。
もちろん可能性が0といったことではありません。
中には、希望の条件が100%揃った土地を所有している方もいると思います。

ですが、基本的にはどこか妥協をしなければならない条件が存在します。

もちろん我々はお客様の要望を100%叶えられる土地を全力で探します。
その中で、叶えられる部分と妥協できる部分を一緒に探していくのも我々の仕事です。


設計編


次に行うのは家の設計です。

注文住宅を設計する場合、家の形や間取りについては当社を含め
各メーカー様も標準的な仕様や家の形がある程度決まっております。

建売と変わらないように思えるかもしれませんが、あくまでも標準ですので
各お客様の希望によっては仕様や家の形も変えられますのでご安心ください。

家を設計するのにあたりお客様、設計士様、不動産業者での打合せが必要になってきます。
打合せ回数はご希望や状況にもよりますが一番多くなる箇所です。

家を設計するにあたって各部屋と大きくしたいといったご希望や家の中にランドリースペースが欲しい等々
家の設計に関しましても、様々なご希望があると思います。

 

ここで注意していただきたいのは、希望は遠慮なく全てお話頂きたいといった点です。

折角注文住宅を建てるのですからお客様の希望をふんだんに詰め込み家にしなければ勿体ないからです。
もちろん標準の仕様から変更すれば追加で費用が掛かる場合はあります。
費用的な問題や土地を先にお持ちの方であれば理想の形にならない場合もあります。

それを踏まえたとしても希望は全て伝えた方がいいです。

1回の打合せで全てが決まることは稀です。

1度打合せをした後に、新しい希望が出てくることもあると思います。
その際は、気軽に我々不動産業者や各メーカー様へ伝えてください。

最初に打合せ回数が多くなると書いた理由はここにあります。
打合せの回数が多くなればお客様への負担も大きくなってしまいます。
ですが、そこは理想の家のためです。お客様のペースもあると思いますが
共に頑張っていきましょう。

また、先ほどの土地探しを書いている際に土地が欠かせないと書きましたが
理想の家の形が決まっているなら先に設計を先行し、それにあった土地を探すのも
一つの手ですので土地探しが難航している方はそちらもご検討ください。


見積り編


さて、土地と建物が決まったら次は見積りです。

 

この中で、設計をした家のどの部分が追加になっているのかといった点などが
わかります。

見積りの詳細については後日また書きますが、追加の部分が
もしも予算をオーバーさせている場合は見積りを提示した業者へ相談しましょう。

その中で、希望に一番近い部分を取捨選択し見積りを決定していきます。

あくまでもまだ見積りの段階ですので、ここでもお客様の希望はちゃんと
伝えるようにしましょう。


住宅ローン事前審査編


住宅を購入する際にかかる費用の総計は大体2,000万から4,000万の間に
なる事が多いと思います。(購入を検討する場所によっては上記の限りではありません。)
その支払いを全てキャッシュで行う方はかなり少ないと思います。

そこで登場するのが各金融機関が提供している「住宅ローン」です。

お金の借り方については後日また記事にしようと思っております。

現在の住宅ローンの特徴を簡潔に書くと
・登記費用など諸費用も住宅ローンに組み込める
・金利が以前に比べ低くなっている

もちろん上記の2点以外にも各金融機関により特徴が変わってきます。

 

さて、事前審査についてですがまず見積りを基に申請金額を決めます。

名前の通り「事前」の審査ですので事前審査を申請した方の
年収、勤続年数、お勤めの会社の資本金他に借入がないかの確認
他に借入があった場合どこでいくら借りているか等様々なことを調べてもらいます。

その中で、金融機関の方から申請金額が全額出るかもしくは金額を下げないと
住宅ローンが組めないのかの通知が来ます。

事前審査が希望通りの金額で通れば次のステップへいきます。
もしも、事前審査で減額を通達された場合は再度見積りの見直しを行い
事前審査を出し直します。


最後に


注文住宅を建てるにあたってのプロセスはこれで終わりではありません。
まだ続きがありますが、それはまた次回書きます。

 

ここまで読んでくれた方で注文住宅を購入しようとしている方は
色々と面倒に思う部分も多々あると思います。

労力は確かにかかりますが折角のご自身の理想で建てられる家です。
場合によってはそこで人生の最後を迎えるかもしれない場所です。

ご希望やご要望を受け止めながら一緒にあなたの家を建築できれば幸いです。

まだ具体的な内容が決まってないとしても是非一度、三和住販へ足を運んでいただければと思います。

では、また次回

2019.12.17