コラム

生活インフラについて

 

こんにちは。千葉市稲毛区の三和住販株式会社です。
インフラとは私たちの生活を支えている設備です。今回は住宅に関係性が高い生活インフラについて書いていきます。


インフラの種類


インフラと呼ばれる設備の中には生活インフラ以外にもいくつか種類があります。

例えば、道路や鉄道、港は交通インフラと呼ばれております。それに加えて公園や学校、病院や福祉施設などもインフラの一種になります。生活に必要なインフラは別称としてライフラインとも呼ばれています。

どのインフラも規模等は違いますが、一つでも欠けてしまうと我々の生活に大きな支障をきたす場合があります。


生活インフラ:電気


まずは、電気です。電気については、火力や風力等によって様々な方法にて発電がされ、私たちや各企業に届けられております。今私たちの生活から電気が無くなってしまうと各部屋の明かりや冷蔵庫等の電化製品が使えなくなり食糧の備蓄が出来なくなってしまったりスマートフォンやパソコンの充電が出来なくなってしまい外部との連絡が取れなくなってしまいます。
電力は送電線の不具合によって大規模な停電を引き起こしてしまいます。
送電線については日々24時間監視をしてもらっており不具合が発生した場合でも迅速に処置を行ってもらえておりますが、昨今発生している災害の被害にあってしまうと電柱の倒壊等によって大規模な停電が発生してしまうケースもあります。
また、電力については平成28年より始まった電力の自由化によって新規参入した電力会社からも購入する事が出来るようになりました。これにより今まで受けられなかったサービスを受けたり支払いの一本化等が出来るようになりました。


生活インフラ:ガス


ガスについては、都市ガスとプロパンガス(LPガス)に分かれております。基本的にはプロパンガスの方が月々のガス代金が高くなり都市ガスの方が費用的には安くなります。プロパンガスを使う場合としては、集合住宅やガスの本管が目の前まで配管されていない箇所になります。
集合住宅の場合は、各居室に配管をする際の費用負担を抑えるのとプロパンガスと契約をする事によりオーナー様にメリットがある特典が多いためプロパンガスになる事が多いです。
都市ガスについては、こちらも平成29年よりガスの自由化が始まりましたので都市ガスを購入する事の出来る事業者を自由に選べるようになっております。


生活インフラ:水道


水道には種類があります。まずは、私たちが口にしている上水道です。水源は湖や川、ダムとなっており、我々の自宅に届くまでに様々な消毒や殺菌処理を行うようになっております。家を建てる際にもともと使用していた水道管が宅地にあればそちらを使用する事になりますが、宅地内に水道管が無い場合は新たに引き直す必要があり費用が発生します。
上水には井戸もあります。井戸については水が出る箇所まで土を掘り起こしポンプと滅菌器を使い使用する事となります。井戸については、月々の使用料は掛かりませんが、初期費用としてポンプ本体や滅菌器本体の代金が掛かります。また、滅菌器に使用する消毒液については、ランニングコストとして考えておく必要があります。
次に下水です。こちらについては、生活排水等を処理施設へ流す仕組みです。こちらについても上水と同様に使っていた下水管があればそのまま使用しますが、宅地内に引き込みがない場合は費用が発生します。
下水管が使用できない場合は、浄化槽を使用する事になります。こちらについては、設置時に費用が掛かるのと定期的に行う汲み取りにランニングコストが掛かります。


生活インフラ:通信


次に通信です。以前は、固定電話が各家庭に必ず一つありましたので固定電話の回線費用が掛かっておりました。
今では、固定電話を使用している方自体少なくなってきた印象がありますので、固定電話回線の費用についても減ってきていると思います。ですが、技術の進歩によって我々の生活は以前とは全く違う様式になっております。
この記事を書いている2020年7月現在では以前として新型コロナウィルスによりテレワークが推奨されております。テレワークを行うためにはインターネット接続が不可欠となっておりますので、インターネットを使用する世帯が増えていると思います。また、以前はビデオを借りていたような事も現在では、サブスクリプションの普及によりわざわざ借りに行くことも返しに行くことも減ってきています。今後も世の中が便利になればなるほど通信費は重要性を増していくことでしょう。


最後に


生活インフラに限らず、私たちの日ごろの生活を支えてくれているのが各種インフラです。ですが、昨今の災害被害等によっては一時的に使用できなくなってしまう事も多くなってきました。
私たちが出来る事は様々なインフラの種類を知っておく事と万が一インフラが止まってしまった場合の備えをしておく事だと思います。

2020.07.30